Una storia di Cacao

カカオをめぐる長い旅

  アメデイでは、世界中のカカオ農園から直接カカオ豆を購入し、カカオ農業従事者の生活 の質の向上や労働条件の質に関して特に注意を払っています。アメデイの農業専門家は現地 の村々を年に幾度にも渡り訪れ、カカオ豆の生育状況のみならず、各家庭の事まで、全て順 調に行っているかを確認し、農家の方々を大切な“大地の守り人” として固い絆を築いてい ます。このようにして、アメデイを通して、カカオはその地域の再生の一助となっています。 アメデイの成功はカカオ生産国の人々による高品質カカオへの努力によって支えられ、同時 に彼らに直接的な利益をもたらしています。
 毎年、カカオ豆が大量に入った麻袋が世界中からイタリア・ポンテデーラの工場に届きま す。最初のプロセスは品質管理。まず初めに麻袋からサンプルを取り出し、品質を分析します。 少量を焙煎した後チョコレートのサンプルが作られ、それをもって農園に改善が必要かどう か見極めます。
 サンプルが検査を通過すると、カカオ豆は間接的に加熱するタイプの伝統的な焙煎機にか けられます。この段階で既におおよその風味が分かりますが、最終的な味は専門家の舌によっ てのみ感じ取ることができます。
これにカカオの殻むき作業が続きます。カカオ豆は圧縮空気ジェットを使った機器にかけら れ、殻と中身の種子の沈殿物に分けられます。そして次の段階で、一定量の塊が得られるま で粉砕されます。
 各原料は加熱する際にブレンドされ、精製機に通されます。そしてコンチング。コンチン グは高品質のチョコレートをつくるのに最も重要なプロセスの一つで、コンケという機械を 使いチョコレートを練り、バランスのとれた香りとなるよう、余分な湿気やタンニンの残留 物を除去します。その結果、極めて滑らかなチョコレートになります。
 驚くべきことに、アメデイでは72 時間もコンチング過程に費やし、チョコレートをマッ サージするように練りますが、これは業界既定に比べはるかに長い時間です。最終過程はテ ンパリング。液体状チョコレートの中でココアバターが結晶化されます。この過程によって、 光沢、パリっとした質感、保存性や成形に適したチョコレートが完成します。
 長い工程を経て、ついにチョコレートは型に流し込むことができる状態になり、それぞれ の形に成形され、皆さまに幸せな時間をお届けする商品となるのです。